【4月より新規開講】ママのやり直し英語クラス

   

外国人に話しかけられたけれど、パッと英語が出てこなかった。

読んだらわかるはずの内容が、聴いてもわからない。。

子ども達は小学校から英語が始まるというけれど、どんな風にやっていくのかな?

そういったご要望に応えるため、『大人のためのやり直し英語』をお手伝いするクラスを開講いたします!

てんま英語教室が提供するカリキュラム、mpiメソッドは、40年前からスタートし、今も時代に合わせて進化し続けています。日本の子どものために考え抜かれたカリキュラムで、フォニックス、リズム、会話、絵本をつかって、読む・聞く・書く・話すという4技能を伸ばす指導をしています。

そしてこのmpiメソッドは、『第二言語習得理論』という、母国語以外の言葉(第二言語や外国語)を学ぶための研究に基づいた方法で、大人の学習にももちろん応用が可能です。

話題の教材 TAGAKI をベースに!

『やり直し英語』と一言にいっても、人によって学習歴や目的が異なります。

今回のやり直し英語クラスでは、大人気の教材、TAGAKIを使って

  • 10語前後のシンプルな英語で自分の言いたいことを言えるようになる
  • 同時にフォニックス指導をすることで英語らしい発音で堂々と言えるようになる

ということが目標です。基本的には、初級者向けクラスとなります。

また、文法事項を細かく解説する授業ではありません。

かといって、フリートークで会話だけ練習するクラスでもありません。

『TAGAKI』の効果は、子どもから大人まで実証されておりますが、『とにかく書く』『覚える』『声に出して読む』ということをシンプルに繰り返すなかで、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングすべてを伸ばしていきます。

フォニックスを知ることは『通じる英語』への第一歩!

子ども英語の指導の中では、よく使われる『フォニックス』という言葉。

最近、知られるようになってきました。

フォニックスとは、英語の音と綴りの関係を学ぶ学習法です。

もともとは、英語圏の子どもたちが学ぶ、日本人にとっての『ひらがな』のようなもの。

英語では、アルファベットソングに代表される♪えい、びー、しー、でぃー、いー、えふ、じー♪を知っているだけでは、単語が読めません。

アルファベットは、その26文字にそれぞれ名前があり、それがアルファベットソングのABCです。

そして、実際の単語の中では、appleのア(便宜上カタカナ表記します)のように、違う音になります。これを学んでいくのがフォニックスです。

日本語と英語では音の出し方がそもそも違いますので、日本語の50音に当てはめて発音することによっていわゆる『日本語英語』になってしまい、なかなか通じません。

英語には英語独特の音(42音がベース)がありますので、その発生方法を指導していきます!

英語らしい発音で、シンプルな英語でよいので、堂々と話せるようになりませんか?

クラス詳細

  • 対象:英語初心者の女性
  • テキスト:TAGAKI 10(mpi松香フォニックス)1,089円(税込み)
  • レッスン時間と回数:4月より月2回レッスン(60分×8回コース)
  • 受講料:1回 2,000円(モニター価格)※初回は体験として1,500円
  • スケジュール:金曜日 10:30~11:30
  • 2名以上で開講します。
  • レッスンはお子様連れも可能ですが、託児のスタッフなどはおりません。安全に確認できる場所でおもちゃなどで遊んでいただけます。

お問合せ方法

4月または5月の開始予定です。

スケジュールは今後の調整となりますので、ご希望の方は、こちらのフォームよりご予約ください。

 - お知らせ , , ,