最新情報

1月開始オンライン『大人のやり直し英語(TAGAKI)』モニターレッスン受付中!

大人のクラスはないんですか?とお問合せをいただくことがありました。

なかなか毎週レギュラーレッスンというのは難しいのですが、隔週レッスンで全6回、あとは自主的な学習を継続していただくための基礎作り!という講座になります。(今回のモニターレッスンの終了後、4月からも何らかの継続レッスンをするかどうか検討予定)

TAGAKIシリーズのテキストで、たくさん英文を書く、音読する、自分のことばで伝える、というトレーニング。

そこに、フォニックスをつかった発音の指導を組み合わせて、発音矯正しながら練習をしていただきます。

12月18日を1回目にしておりましたが、予定の合わない方が多いため、1月15日スタートに変更しました。

今回のモニター価格での募集は残り2名です。

日程で都合の合わない日がある場合は、ご相談ください。

詳細はこちらのページより

2021年度のご入会について

来年度(2021年4月~)のご入会を検討中の方は、個別に体験レッスンを受付いたします。

ただし、次年度スケジュールは最終確定が1月ごろの予定ですので、現時点での空き予定クラスのみご案内できます。

ご希望の方はお問合せフォームよりご連絡ください。

てんま英語教室は、英語を通じて『自ら学ぶ力』を育てるカリキュラム。

てんま英語教室は、mpi松香フォニックスのパートナー校としてmpiの9年間カリキュラムを採用。

mpiメソッドで、英語を通して、これからの子ども達に必須な『自ら学ぶ力』をそだてます。

2020年度からは、小学校での外国語がついに教科に。

来年度から始まる『新学習指導要領』では、3年生から外国語活動、5年生から外国語科が始まります。外国語で求められる力は、『聞く・話す(やり取り・発表)・読む・書く』の4技能5領域。話せるだけでなく、書くことも含めて『英語で自分を表現する力』が求められます。

レッスンは、新学習指導要領で求められる力に対応できる4ジャンルの教材。

  • 歌・チャンツなどのリズム教材では、通じる英語につながる『英語の音感』を。
  • 会話・自己表現・TAGAKIの教材では、自分を表現する力を。
  • フォニックス指導では、通じる発音と自ら学ぶ力を。(講師は、mpi認定のフォニックス指導者
  • 絵本では、海外の文化を学ぶだけでなく、内容を1歩深めたアクティビティで子どもたちの『思考力』や『創造力』を。

レベル別クラスでは、上記4つのジャンルでカリキュラムを組み、4技能を育てます。

年に一度の発表会で、子どもたちの力をグンと伸ばす。(2020年度は中止)

mpiのパートナー校では舞台で子ども達が発表をする機会を大切にしています。

大きな舞台で発表することは、子どもたちの大きな自信と達成感を育てます。さらに、上の学年の生徒さん達の発表を見ることが、英語へのモチベーションになり、『自ら学ぶ力』にもつながります。

てんま英語教室は、2019年11月3日、第1回の大阪パートナーキッズ発表会を開催しました。 

2019年度の発表会(6教室合同)

mpiメソッドでの指導と発表教育で、これからの子ども達に求められる力が身につく英語教室です。

北区ドットコムで小学生クラスの体験レッスンを取材していただきました!

小学生クラスの体験レポートはこちら!
PAGE TOP
MENU