てんま英語教室は、英語を通じて『自ら学ぶ力』を育てるカリキュラム。

てんま英語教室は、mpi松香フォニックスのパートナー校としてmpiの9年間カリキュラムを採用。

mpiメソッドで、英語を通して、これからの子ども達に必須な『自ら学ぶ力』をそだてます。

2020年度からは、小学校での外国語がついに教科に。

来年度から始まる『新学習指導要領』では、3年生から外国語活動、5年生から外国語科が始まります。外国語で求められる力は、『聞く・話す(やり取り・発表)・読む・書く』の4技能5領域。話せるだけでなく、書くことも含めて『英語で自分を表現する力』が求められます。

レッスンは、新学習指導要領で求められる力に対応できる4ジャンルの教材。

  • 歌・チャンツなどのリズム教材では、通じる英語につながる『英語の音感』を。
  • 会話・自己表現・TAGAKIの教材では、自分を表現する力を。
  • フォニックス指導では、通じる発音と自ら学ぶ力を。(講師は、mpi認定のフォニックス指導者
  • 絵本では、海外の文化を学ぶだけでなく、内容を1歩深めたアクティビティで子どもたちの『思考力』や『創造力』を。

レベル別クラスでは、上記4つのジャンルでカリキュラムを組み、4技能を育てます。

年に一度の発表会で、子どもたちの力をグンと伸ばす。(2020年度は中止)

mpiのパートナー校では舞台で子ども達が発表をする機会を大切にしています。

大きな舞台で発表することは、子どもたちの大きな自信と達成感を育てます。さらに、上の学年の生徒さん達の発表を見ることが、英語へのモチベーションになり、『自ら学ぶ力』にもつながります。

てんま英語教室は、2019年11月3日、第1回の大阪パートナーキッズ発表会を開催しました。 

2019年度の発表会(6教室合同)

mpiメソッドでの指導と発表教育で、これからの子ども達に求められる力が身につく英語教室です。

北区ドットコムで小学生クラスの体験レッスンを取材していただきました!

小学生クラスの体験レポートはこちら!
PAGE TOP
MENU